不思議な名曲「出前一丁」

 

YouTubeで「キダ・タロー」さんを検索、なつかしいCMをあれこれ見ていたら、お気に入りのCM「出前一丁」を見つけました。

 

www.youtube.com

 

なぜお気に入りなのかと言うと、僕が一番大好きなアーティストであるところの大滝詠一さんが作って歌っている曲ということもそうなんですが、

 

実はこの曲、大滝詠一さんと浪花のモーツアルトこと、キダ・タローさんのコラボ曲なのです。

(ラストの約5秒、「あ~らよ、出前一丁~」の作曲はキダ・タローさん)

 

聴いていただくとわかりますが、まったく違和感なくスムーズにつながっています。むしろ、キダ・タローさん作曲の部分を際だたせるような全く嫌味のない配慮も感じさせられます。それにしても、大滝さんの歌声は癒やされる。

 

余談ですが、僕が高校生の時友達に、「出前一丁のCM曲は大滝詠一やねんで、知ってた?」って言ったら、「ちゃうで、キダ・タローやで!」と言い合いになったことがあります。ふたりとも半分ずつ正解してたんですね。N沢くん元気にしてるかな。

 

 

関西では強い日清食品ということで、関西を中心にオンエアされていたそうです。

 

合作ということで大滝さんのアルバムと、キダ・タローさんのアルバム、両方に収録されている珍しい曲です。

 

NIAGARA CM SPECIAL

NIAGARA CM SPECIAL

 

 

浪花のモーツァルト キダ・タローの ほんまにすべて

浪花のモーツァルト キダ・タローの ほんまにすべて

 

(このCDに収録されている「出前一丁」は未確認です。)

 

 

手元にある、大滝さんの『NIAGARA CM SPECIAL』の解説には、こう書かれています。

 

出前一丁』(80/8)

アルバム発売の延期が決定してからのCM作品で、半年ぐらい前に『ロング・バケイション』のサウンドをTVでオン・エアーしていたことになります。<あーらよ>の部分は<浪花のモーツアルトキダ・タロー先生の作曲で私ではありませんので念のタメ。

 

 「80/8」とは、1980年8月ということ。僕はまだ4歳ぐらいです。ロング・バケイションの発売日は1981年3月21日。いろいろあって発売が延期されたました(発売延期に関しては泣けるエピソードがあります。いずれまた)。

それにしても、「半年ぐらい前に『ロング・バケイション』のサウンドをTVでオン・エアーしていたことになります。」というのは、なにも大げさなことではなく、大きな意味を持っていたりします。が、話がそれ過ぎてしまうので割愛します。

 

育って育って育ち盛り

育って育って食べ盛り

育ち盛りは食べ盛り

ゴマの健康

あ~らよ、出前一丁

 

育ち盛りにインスタントラーメンをおすすめするってのもどうかと思うけどな。

そんな僕はうまかっちゃん派。

 

 

負けたチームの監督が試合後に語るひと言

読書の秋ということで、図書館に行ってきました。

そこで見つけたのが、故人である金平敬之助さんの「ひと言の思いやり」という本。

借りて、数ページ読んだところです。

 

ひと言の思いやり

ひと言の思いやり

 

 

金平敬之助さんの本を読むのは2冊目で、「仏の上司」になれますか? 部下を活かし組織を変える究極の人材育成論という本を読みファンになりました。

 

『やる事をやらなければしかるのが上司ではない。やる事をみんながすすんでやるような環境をつくるのが上司。それを怠って鬼になっている上司は恥ずかしい上司』

 

という、僕のお気に入りの言葉も金平さんの本で紹介されていた言葉です。

 

さて、この「ひと言の思いやり」という本はどういった方向性の本かということが分かる文章がかかれているので紹介したいと思います。冒頭の"はしがき"に書かれている文章です。

 

「ひと言がいかに大切か」

イチロー選手の話です。

仰木監督をすごい人、と感じたのは、こんなことがあったからです。オリックス時代です。ある試合で負けたんですね。うちが負けて、ボクは4打数1安打。2塁打一本。負けたんで、帰りのバスの中は暗い。

雰囲気は最悪。ボクも同じようにへこんでいたんです。

そこに監督が声をかけてくれたのです。

「何だ、お前は……、2塁打一本打ったんだから喜べよ。チームのことなんてオレがやるんだから……。お前は自分のことをきっちりやればいい。今日は2塁打一本、いいじゃないか」

これで「すげぇ、このオッさん」と思ったんです。

「この人は違う」ここから仰木監督に対する大きなリスペクトが始まったんです>

 

ご存知のように、イチロー選手は超一流のプレイヤー。個性も豊か。しかもクールなタイプ。そのイチロー選手でも、バスの中の会話でこれだけ心を動かされています。なんの変哲もない、たった一言で……。

「チームことはオレがやるんだから……。お前は打った2塁打を喜べ」

これで、イチロー選手はよき上司を得た思いで、世界的な名選手に育っていくのです。

 

(それとは逆に、選手を沈ませるひと言を放った他の監督のエピソードも紹介されていますが割愛。)

 

言った方は忘れているかも知れませんが、言われた方はずっと覚えている。そんなこと、よくあると思います。

たったひと一言で、相手をやる気にさせたり、前向きな気分にさせたり、勇気づけたり、または、相手のやる気を失わせ、信頼を得られなくなってしまったり、これは、ひと言がいかに大切かを訴えかけてくれる内容の本です。

 

金平さんの本にはプロ野球や他のスポーツで起こった事例がよく出てきますので僕的にはすごく読みやすいです。あと、実名もバンバン出てきます。

 

負けたチームの監督が試合後に語るひと言。

ここから学ぶことが多い。

 

と金平さんは言う。まったくそのとおりだなあと思います。

そのひと言によって、明日も頑張ろうと思えるか、嫌になってしまうか分かれる事が多い。

 

まだ読み始めですが、正直、共感できない部分も多少はあります。

さらに読み進め、自分の糧となるものを少しでも多く取り入れたいと思います。

 

 

証拠はなかったが逮捕!?

 

mainichi.jp

 

 

このニュースを読んで、なんじゃそらと思ったので。

 

中川署によると、昨年8月と10月の2回、中川区の同じかばん店でランドセル計3個が盗まれる事件があり、転売された店の情報から、男性を11月28日朝に逮捕した。

 

という窃盗事件があり、男性が逮捕されたんですが、冤罪でした。

それについての警察側の言い訳が、

 

防犯カメラの解析や鑑識捜査で男性につながる証拠はなかったが、中川署は転売先の情報を重要視してしまったと説明している。

 


証拠がなかったのに逮捕? 
なんか、転売先の店員のせいにしてるし。 

文章の前後が逆でしょう。なんとでも言いようがあるね。



捜査の時点で、 

『転売先の情報を重要視したが、防犯カメラの解析や鑑識捜査で男性につながる証拠はなかったので逮捕には至らず』 

って考えて捜査していくのが警察のやることじゃないの?

捜査のイロハのイじゃないの?

あれか、警察にとって不利な情報は隠していてもOKってやつか?



誤認逮捕されるって、他人事ではない。 

 

紀伊半島を日帰りで駆け巡ってきました!復路編

 

2018年夏の日帰り車旅、紀伊半島めぐりの後編です。

 

渓谷ルートがメインの往路編はこちら。 

parm.hatenablog.com

 

復路は、三重県熊野市の鬼ヶ城から、大阪の自宅まで海沿いを観光しつつ帰宅します。 

 

f:id:PARM:20180911230239j:plain

帰りのルート。鬼ヶ城を出たのが13時頃。あちこち寄りたいんですけど、世界遺産スポットやその他の名勝地をいくつ寄って帰れるか、時間的に寄れる観光地も限られてきました。

 

 

獅子岩

 

f:id:PARM:20180911231021j:plain

まず寄ったのが、世界遺産スポット、獅子岩

獅子岩《世界遺産》 | 世界遺産・熊野古道/熊野市観光公社

獅子岩についての説明を読んでちょっと納得。自然にできた超でかい狛犬という扱いなんですね。

 

 

七里御浜

 

f:id:PARM:20180911231850j:plain

 

f:id:PARM:20180911231924j:plain

世界遺産スポット、七里御浜(しちりみはま)

七里御浜《世界遺産》 | 世界遺産・熊野古道/熊野市観光公社

アカウミガメの産卵が見られる貴重な浜辺としても有名らしいです。

 

 

花の窟神社

 

f:id:PARM:20180911232423j:plain

花の窟(はなのいわや)神社。世界遺産スポット。

花の窟・花窟神社【はなのいわや】 世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』 >> 世界遺産 花の窟

さすが聖地熊野、世界遺産スポットがあちこちにあります。復路の出発点鬼ヶ城からここまで車で10分とかそれぐらいの範囲です。

 

この、花の窟神社はどういう特徴がある神社なのかというと、日本最古の神社と言われています。どういったものが祀られているのか興味津々で奥に進みますと、これまたすごい。祀られていたのは、岩です。

 

f:id:PARM:20180911233629j:plain

日本最古の神社と言われれば、そんな気がしてくるシンプルさ。

上を見上げると、

 

f:id:PARM:20180911233752j:plain

荘厳な雰囲気が漂っています。

 

 

ここで昼食。

花の窟神社すぐそばにある、花のいわや亭さんに行きました。

熊野市の「花のいわや亭」|有井駅から徒歩約8分、肉料理・海鮮料理を提供、マグロの解体

 

f:id:PARM:20180911234550j:plain

月替りのランチセットを注文。1,100円、安い!胡麻豆腐美味しい!どれも美味しかったですが、胡麻豆腐が苦手な僕ですが、この胡麻豆腐はネチャッとした感じがなくほんとに美味しかった。

 

f:id:PARM:20180911234649j:plain

松坂牛焼き肉もセットについてます!やわらかいお肉! 

 

ここでゆっくりしたかったのですが、時間がないので次の目的地を目指します。

次は、メインスポット那智の滝。少し車を走らせます。

 

 

那智の滝青岸渡寺熊野那智大社

 

那智(なち)の滝を目指します。途中、道の駅「なち」に立ち寄りました。

f:id:PARM:20180912000007j:plain

 

f:id:PARM:20180912000250j:plain

JR那智駅と併設されています。

 

f:id:PARM:20180912000358j:plain

熊野那智 世界遺産情報センターもゆっくり見学したいところですが、先を急ぎます。

 

 

f:id:PARM:20180912000554j:plain

到着。

熊野那智大社青岸渡寺から眺める那智の滝

ただ落ちていく水の流れ、ずーっと眺めていても飽きない。

世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」~那智の滝~

こちらも、世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道』の一部となっています。

 

f:id:PARM:20180912001030j:plain

西国第一番札所、青岸渡寺(せいがんとじ)。

改修工事中でした。

 

f:id:PARM:20180912001313j:plain

青岸渡寺世界遺産

資産紹介 - 青岸渡寺|世界遺産を知る|和歌山県世界遺産センター

 

 

f:id:PARM:20180912002207j:plain

熊野三山の一つ、熊野那智大社。言わずもがな、世界遺産

これで、熊野三山巡り完了。

青岸渡寺同様、こちらも改修工事中でした。

資産紹介 - 熊野那智大社|世界遺産を知る|和歌山県世界遺産センター

 

f:id:PARM:20180912002654j:plain

 

そして、那智といえば、那智黒!

ナチグロンソフト(そんな名前ではなかったけど)をいただきました。

 

f:id:PARM:20180912002726j:plain

めっちゃ甘い。甘さが濃厚すぎる。水が欲しくなるほど甘い。

作るところは見てないのですが、スジャータ感が残念。

 

 

橋杭岩

 

いよいよ時間がなくなってきましたので、本州最南端の串本町潮岬(しおのみさき)はパスすることにします。

潮岬手前の橋杭岩(はしぐいいわ)に立ち寄りました。

橋杭岩 |観光スポット検索|和歌山県観光情報

 

f:id:PARM:20180912224830j:plain

 

f:id:PARM:20180912225608j:plain

巨大な岩が立ち並んでいます。なかなかの絶景ポイントです。

 

 

道の駅「すさみ」「くちくまの」

 

今回の旅もこのあたりで終了。

あとは高速道路に乗って帰ります。

本当は白浜とか美浜町なんかにも行ってみたかったんですが、それはまた今度。

紀伊半島の西側も楽しそうです。ただ、白浜とか道が混んでいるイメージしか無いのでなかなか行けない場所でもあります。

紀勢自動車道阪和自動車道で自宅へ。

 

f:id:PARM:20180912225803j:plain

こちらは、紀勢自動車道の「すさみ南」入り口付近にある、道の駅「すさみ」。

この時点で18時。

敷地内に「エビとカニの水族館」がありました。いつかまた来たいです。

すさみ町立エビとカニの水族館 |

 

f:id:PARM:20180912231305j:plain

紀勢自動車道沿いにある道の駅「くちくまの」。

ここが最後の立ち寄りスポット。聖地熊野サラバイ。

 

 

そして20時過ぎ無事に帰宅。高速代は阪南まで軽自動車で約2,000円でした。安い!

一日で紀伊半島を駆け巡ってきました。

f:id:PARM:20180912231923j:plain

画像左が往路、右が復路。

ほんと泊りがけでゆっくりとめぐりたいです。

 

 

訪れた観光スポットと道の駅リスト

 

★マークがついているところは世界遺産スポット

 <往路>

道の駅「十津川郷」

道の駅「奥熊野古道ほんぐう」

熊野本宮大社

大斎原

道の駅「瀞峡街道熊野川」★

熊野速玉大社★

道の駅「紀宝町ウミガメ公園」

鬼ヶ城

 <復路>

獅子岩

七里御浜

花の窟神社★

道の駅「なち」

青岸渡寺

熊野那智大社

橋杭岩

道の駅「すさみ」

道の駅「くちくまの」

 

紀伊山地の霊場と参詣道」を構成する様々な名勝地を巡ることが出来ました。

しかし、紀伊半島の魅力はまだまだこんなもんじゃありません。

世界遺産のような派手な名勝地だけではなく、あちこち巡ってお気に入りの場所を見つけたいなあと思います。

 

以上、2018年夏の旅記録でした。

ありがとうございます。

 

 

台風21号の恐怖。台風直後の国道26号線画像

 

2018年9月4日に上陸した、台風21号の記録。

僕の住む大阪南部、泉州地域は台風が向かってきてもそれることが多く、台風による被害は少ない地域という印象をずっと持っていました。

しかし、今回の台風21号はそんな泉州地域に大打撃をもたらしました。もちろん泉州地域以外にも大きな被害があり、各地で台風から4日以上過ぎた今も停電や家屋の倒壊など復旧に至っていない地域も多くあります。僕の家もまる4日たってから電気が復旧しました。

 

f:id:PARM:20180909004313j:plain

最強台風21号まとめ 記録的高潮と暴風(tenki.jp)今年最強の台風21号の影響で、近畿を中心に…|dメニューニュース(NTTドコモ)

 

9月4日、台風が直撃しているさなか、家にいた僕は家のことも心配でしたが、勤務先の店舗も超心配。なぜなら、従業員とお客様の安全を守らないといけないためです。なにかあると責任を取らされるかもしれない。かといって休業を決める権限は僕にはない。

南海電車尾崎駅が燃えていると聞いて、家で台風の恐怖を味わっていました。

  

 

台風被害の町の状況

 

 

台風が来る前日より休業を決めていた会社も多くありましたが、僕の勤務先は、気をつけて出勤しましょう!ということで通常営業でした。電車通勤の人は通勤できないため、車通勤の人とシフトを交代してでも店を開けましょう!という連絡を受けていました。そういう会社も多かったと思います。

 

勤務先から、被害が出た(けが人はなし)という一報を受けて、台風が過ぎ去ったと思われる4日当日の14時半ごろ車で勤務先へ向かいました。上司からは状況が落ち着くまで危ないので出勤しなくていいと言われましたが、家にいても落ち着かず。その日出勤してくれているスタッフが不安がっているのでなんとか行ってちょっとでも安心させたい。そして上司さん、そう言うてくれるんなら、最初から休業にしてほしかった。

 

勤務先に向かうため家を出て、いつもの見慣れた風景が破壊され尽くしていた光景を見て愕然となりました。

この世の終わりかと思いました。

 

自宅から勤務先までの主に国道26号線の模様を、ドライブレコーダーが記録していた映像から画像をいくつか紹介したいと思います。

今後、台風を軽く見てしまわないための記録画像として活用できればと思います。

普段は国道26号線ではなく、関西国際空港の橋のそばの道を通るのですが、海沿いの道は絶対危険だと思い国道26号線を使いました。家のそばから関空が見えるのですが、まさか、タンカーが関空の連絡橋に衝突しているとは思いませんでした。

 

 

ドラレコ映像からの画像

 

f:id:PARM:20180909010458j:plain

自宅付近。電柱が倒れかけています。

 

 

f:id:PARM:20180909010612j:plain

南海吉見ノ里駅付近の踏切。

電車など通るはずもないのに、遮断機が下りています。閉まったまま電気も通っていない踏切。ちなみに、この道を真っ直ぐ行くと電柱が何本も倒れていたたいやき屋さんの道路。

  

 

 

f:id:PARM:20180909010936j:plain

道路を渡ろうと信号を見たら、いつもの信号がない。よく見ると90度信号が曲がっていました。

無事勤務先までたどり着けるか心配になりました。

 

 

f:id:PARM:20180909011816j:plain

26号線に入りました。

画像の左側、トラックが横転しています。

 

 

f:id:PARM:20180909011908j:plain

これが一番怖かった。

右車線、道路標識が車線を塞いでいます。本当に勤務先にたどり着けるのか心配でした。

 

 

f:id:PARM:20180909012126j:plain

またまた横転しているトラック。次の日は別の道で通勤しましたが、そこでも横転したトラックを見ました。風を受けて車体が浮き横転するそうですね。

 

 

f:id:PARM:20180909012409j:plain

信号や標識の電柱が真っ二つになっています。

 

 

f:id:PARM:20180909012507j:plain

画像の左端、車屋のショウウインドーが割れて、ショウルームがめちゃめちゃになっています。

 

 

f:id:PARM:20180909012643j:plain

あちこちで看板が倒れています。

 

 

f:id:PARM:20180909012708j:plain

切れた電線が道路で横たわっていたり、垂れ下がっていたり、かなり危険な状況。

 

 

f:id:PARM:20180909012752j:plain

おそらく左側にあった植え込みが、風で飛ばされ道路の真ん中に移動しています。

 

 

f:id:PARM:20180909012848j:plain

画像左側の車屋さんもショウウインドーが粉々に割れています。

 

 

勤務先に着くまでのおよそ30分間のあいだにこれだけの被害状況が見られました。

比較的被害が少ないだろう国道26号線でこのような状況でした。

そして無事、勤務先に到着できました。

 

 

4日間の停電生活

 

何が不便だったか。

 

  • 風呂に入れない

水道とガスは使えるものの電気が使えないとお湯が出ない給湯器が不便でした。

ガスコンロでお湯を沸かし、風呂にためた水を洗面器の中で熱湯と混ぜて体にかける。けっこう不便ですが、これでなんとか体が洗えました。オール電化にしている家庭はものすごく不便だったと聞きます。

 

  • 洗濯ができない

これも大変。コインランドリーの前を通ったら、混み合っていました。

 

  • 冷蔵庫

停電後、極力開け閉めはしないようにしていたものの4日はもたず。中のものは廃棄となりました。

 

  • 夜間の生活

明かりが無くて苦労しました。ろうそくと懐中電灯、釣りで使用するために所持していたヘッドライト。

停電3日目に実家から借りてきたこの子は大活躍。LEDさすが。

f:id:PARM:20180909014838j:plain

 

そして、エアコンや扇風機が使用できず寝苦しい夜。

電源に挿して使用する蚊取り剤は使えない。蚊取り線香を買いました。

 

その他、スマホの充電は車でおこなったり、テレビが見れないので情報が入りにくかったり、いろいろ大変でした。

 

 

復旧しつつある町

 

先ほど、電柱が倒れまくっているたいやき屋さんのある道路を紹介しましたが、今日その道を通ってみると、かなり復旧されていました。

 

f:id:PARM:20180909020106j:plain

信号は停電中ですが、このとおりです。

 

f:id:PARM:20180909020248j:plain

それでも、今日(9/8)の段階でまだまだこういうところはあちこち残っています。

 

信号が機能していないところも多く、台風直後はみなさん恐る恐るの運転なので慎重になっていましたが、4日以上たち、信号がないことが普通になってきてそれに慣れて来たときが危険。交通量も増えてきました。安全運転を心がけたいと思います。

そして、まだ、停電で街灯も点いていない真っ暗な夜道を無灯火で道路を横断しようとしていた自転車のおじさん、そちらはこちらに気づいていてもこちらはそちらにすぐには気づけません。気をつけてくださいね。

 

町を修繕してくれている方々、昼も夜も関係なく次々と店舗を修繕に回ってくれた業者さん、その他、大勢の復旧に携わってくれている方々、本当にありがとうございます。

7連勤の後の、明日から8連勤。町の復旧に貢献できるよう僕も頑張りたいと思います。

 

紀伊半島を日帰りで駆け巡ってきました!往路編

 

和歌山県奈良県三重県紀伊半島は三つもの県が含まれている広大な半島です。観光地として見どころが多いため紀伊半島を堪能しようと思うと、2泊か3泊はしたくなるようなそんな魅力あふれる場所です。個人的には1週間ぐらい滞在しても足りないかもと思わせられます。

 

そんな紀伊半島に日帰りで駆け巡ってきました。連休がなかなかとれないのがつらい。

和歌山や奈良にはよく訪れるのですが、今回は南紀三重県まで足を伸ばしてみました。

 

過去に南紀を訪れたときのブログ記事がこちら。

 

parm.hatenablog.com

 

前回は三重県伊勢市スタート。今回は大阪南部スタート。東からのルート、西からのルートということで興味のある方は読み比べてみても面白いかも知れません。前回と同じところも多数巡りましたが、新たな発見もありました。

 

それでは旅の記録を綴っていきます。

 

往路の紹介

 

f:id:PARM:20180829001521j:plain

午前6時前に軽自動車にて出発。出発地は近所のイオンに設定してます。

折り返し地点は、三重県熊野市の「鬼ヶ城(おにがじょう)」

往路は有料道路は使わず下道で。約200kmの道中には魅力的な立ち寄りスポットが多数あります。このルート、無料のバイパスや山道で、ほとんど信号がなく快適でした。往路は山道が多めですが、川沿いの道を走るのでそれも楽しみの一つ。

 

 

道の駅「十津川郷(とつかわごう)」~「奥熊野古道ほんぐう」

 

自宅から車を走らせ最初に降り立ったのが、道の駅「十津川郷」。

 

f:id:PARM:20180829003929j:plain

 

ここは温泉地で有名なところで、足湯があります。

f:id:PARM:20180829004144j:plain

お湯は熱めでした。

 

次の目的地、道の駅「奥熊野古道ほんぐう」へ。

 

f:id:PARM:20180829004641j:plain

山を見ると雲がかかっていました。いい景色。

 

f:id:PARM:20180829004840j:plain

8時50分頃、道の駅「奥熊野古道ほんぐう」に到着。9時からオープンということでまだ開いていませんでした。

 

f:id:PARM:20180829005132j:plain

川に下りてみました。熊野詣で有名な平安衣装てやつですね。

普段きれいな熊野川が茶色い。台風20号の影響でしょうか。

 

f:id:PARM:20180829005418j:plain

参詣道ルート案内。熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社熊野三山として参拝者も多い。

 

 

熊野本宮大社~大斎原

 

資産紹介 - 熊野本宮大社|世界遺産を知る|和歌山県世界遺産センター

 

熊野三山のうち最初に訪れたのがこちらの熊野本宮大社

全国の「熊野神社」の総本山にあたる熊野本宮大社

こちらでは、八咫烏(やたがらす)が描かれた交通安全のステッカーを購入しました。

 

f:id:PARM:20180830022458j:plain

 

大斎原(おおゆのはら)の大鳥居 

f:id:PARM:20180830023835j:plain

熊野本宮大社からすぐのところにある大鳥居。

もともと熊野本宮大社はこちらにあったそうなのですが、度重なる水害などで現在の場所に移設されたらしいです。この大鳥居はその時の名残り。

めちゃくちゃでかかったです。人の大きさと比べてみればその大きさが分かるかも。

 

f:id:PARM:20180830024629j:plain

稲刈りの真っ最中でした。自然の中に佇む大鳥居は迫力満点!

 

f:id:PARM:20180830024925j:plain

大鳥居をくぐったところに設置されていた案内。

 

f:id:PARM:20180830025106j:plain

地域キャラクターの八咫之助さんと、八咫姫さん。和歌山県世界遺産センターにいてはります。

 

 

道の駅「瀞峡街道 熊野川

 

次は熊野速玉大社に向けて車を走らせます。

その道中にある道の駅「瀞峡街道 熊野川」に寄りました。

瀞峡は「どろきょう」と読みます。

 

f:id:PARM:20180901000843j:plain

世界遺産熊野川

 

f:id:PARM:20180901001422j:plain

綺麗な清流を期待していたのですが、やはり川の水が茶色いのが残念。

 

そしてこちらに、このようなものがありました。

f:id:PARM:20180901001546j:plain

平成23年紀伊半島大水害にまつわる構造物。

この塔の奥に河川敷があり熊野川が流れているんですが、塔の上部に注目。

 

見上げたところに、最高水位と書かれています。

血の気が引きました。こんなところまで水位が上昇していたなんて!

被害で亡くなられた方の慰霊碑も設置されていました。

今年は水害が多く発生しており、意識が高まっているとはいえ、ここまで水位が上昇するなんて絶対思わない。想定外のことが起こるのが自然災害であることを改めて感じさせられました。

 

 

熊野速玉大社

 

熊野三山の一つ、熊野速玉(はやたま)大社に到着。

熊野速玉大社公式サイト|和歌山県新宮市鎮座 根本熊野大権現 世界遺産

 

f:id:PARM:20180901002603j:plain

本宮大社と違ってこちらは朱色が鮮やか。

 

f:id:PARM:20180901002810j:plain

 

f:id:PARM:20180901003048j:plain

三重県との県境に位置します。すぐ側に流れる熊野川を渡れば三重県

 

 

道の駅「紀宝町ウミガメ公園」

 

次は「鬼ヶ城」に向けて車を走らせます。

その道中に寄ったかねてより行きたかった道の駅。

前回の南紀巡りの際、時間がなく訪れることが出来なかった場所。

 

道の駅「紀宝町ウミガメ公園」の観光スポット情報|観光スポット|観光三重(かんこうみえ)|三重県の観光・旅行情報はここ!

 

f:id:PARM:20180901003917j:plain

ウミガメが見られる道の駅!

 

f:id:PARM:20180901004324j:plain

目の前で泳ぐウミガメが見られます。ガラス張りになっているのかなと思いきや、めっちゃすぐそこで泳いています。 水しぶきがかかりそうになりぐらい。

 

f:id:PARM:20180901004457j:plain

砂地で休憩中?のウミガメさん。

 

 

鬼ヶ城

 

今回の日帰り旅行の折返し地点に設定していた鬼ヶ城(おにがじょう)に到着。このあたりは本当に世界遺産があちこちにあります。こちらもその一つ。

世界遺産鬼ヶ城・鬼ヶ城センター

 

f:id:PARM:20180901004605j:plain

 

f:id:PARM:20180901004928j:plain

岩肌の一部が顔に見える!?

 

f:id:PARM:20180901004936j:plain

なかなかの迫力です。

 

f:id:PARM:20180901004944j:plain

上を見上げたところ。 

 

この時点でお昼をとうに過ぎていたので鬼ヶ城でご飯を食べようかと思いましたが、目当てのお店が定休日でした。

 

お腹をすかしたまま、復路につきます。

復路につくと言ってもこれまた、観光三昧。

なんせ世界遺産の看板があちこちに出てますので終わりがない。はじめに言いましたが、ほんと日帰りでは無理があります。

 

「往路の行程」

道の駅「十津川郷」

道の駅「奥熊野古道ほんぐう」

熊野本宮大社

大斎原大鳥居

和歌山県世界遺産センター

道の駅「瀞峡街道 熊野川

熊野速玉大社

道の駅「紀宝町ウミガメ公園」

鬼ヶ城

 

 

復路については次の機会に書き綴っていきたいと思います。

ルートだけ先に記しておきます。今度は海岸線です。

 

f:id:PARM:20180901010117j:plain

 

ありがとうございました。

 

 

夏の終わりに咲く花


ENJOY!りんくう2018(りんくう花火) 

近所なので行ってきました。 

sp.jorudan.co.jp

 


会場は、大阪府泉佐野市りんくう公園マーブルビーチ、HPによると打ち上げられる花火はおよそ7,000発。 ちなみに対岸にあるのは関西国際空港

花火の打ち上げは、19時開始ということで、日没後闇に包まれる前の夕間詰め時。空は群青色。 
会場に向かっている途中で撮影した動画がこちら。 

 

www.youtube.com

 

そして、会場のマーブルビーチで腰を下ろして花火鑑賞。 
次の動画のラストでは、一斉に多数の顔型の花火が打ち上げられています。
絵本「えんとつ町のプペル」とのコラボということらしいので、それが関係しているのでしょうか。

 

www.youtube.com

 

そして、最後の動画は打ち上げのクライマックス。 

www.youtube.com

 

そんな大規模な花火大会ではないんですが、近所でこのような花火大会が開催されるのがありがたいです。 
鈴虫など秋の虫が鳴く声を聞きながらの帰路は、夏の終わりって感じがしてしみじみ。

 

 

f:id:PARM:20180826024638j:plain

おしまい。