バイク遍路 79~82番

父が四国八十八ヶ所巡りをしていて、日帰りでそれに付き合うことに。

もともと四国を巡る予定だった息子も連れていくこととなった。

父、自分、息子と親子3代でのバイク遍路スタートです!

 

f:id:PARM:20200330221715j:plain

早朝5時に和歌山港で父と合流。5時半頃出港の便で徳島に向かいます。

 

f:id:PARM:20200330221932j:plain

バイクでフェリーに乗るのはお初。ガッチリホールドされています。

僕→YAMAHA TW200E

父→SUZUKI スカイウェイブ250

息子→SUZUKI Vストローム250

僕のが一番遅い!タンクもちっちゃいし…

 

f:id:PARM:20200330222107j:plain

東の空から朝日。船尾が東側となります。

 

f:id:PARM:20200330222229j:plain

約2時間の船旅。船内で1時間半ぐらい寝たかな。なんせ前の日は遅番勤務で睡眠不足でした。画像は徳島港到着寸前時。寒い。ワークマンのジャケットの中にカッパを着込んでいます。

 

f:id:PARM:20200330222615j:plain

徳島港から香川県の坂出に向かいます。

 

f:id:PARM:20200330223059j:plain

日帰りで行くには、結構距離ある。

 

f:id:PARM:20200330223254j:plain

海沿いを走るのはやっぱりテンション上がる!

 

f:id:PARM:20200330223357j:plain

どんよりとした天気。

ハンドルバーにスマホHUAWEI LUMIERE 503HW)を装着し動画撮影しながら走りました。ちょっと古めのスマホなので画質はあまり良くないです。きれいな画像はiPhone8で撮ったものです。

 

f:id:PARM:20200330223855j:plain

香川県に入ったところ。うどん県に来た~

 

f:id:PARM:20200330224402j:plain

朝食は、さぬきうどん!

香川を走っていると、「セルフ」の看板があちこちにありますが、それはガソリンスタンドではなく、だいたいがうどん屋

セルフうどん とんぼ
〒761-0121 香川県高松市牟礼町牟礼287-1
350円(平均)350円(ランチ平均)

r.gnavi.co.jp

 

f:id:PARM:20200330225512j:plain

おろしぶっかけ(温)小と、げそ天。おいしかった(…はず。やばい、食べてから一週間以上経つのであんまりおぼえてない…)

このあとに備えて小にしたんですが、まさか夜に家に帰るまで口にしたのがこれが最後だったとは。強行スケジュールすぎてお昼を食べる時間がなかった…

 

f:id:PARM:20200330225851j:plain

店内の風景。日曜日の朝だったので鬼太郎やってた。

 

f:id:PARM:20200330230219j:plain

高松市内を走る。左に曲がればもてラジでおなじみの栗林公園だ!けど、真っ直ぐ進む!

 

moteradi.com

▲おいしい讃岐うどんの店は、こちらで検索しよう!

 

f:id:PARM:20200330231546j:plain

ことでんに遭遇!

おもろなってきたど~

 

 

第79番札所 金華山 高照院 天皇寺

 

f:id:PARM:20200330234719j:plain

www.88shikokuhenro.jp

何がすごいって、名前がすごい。

天皇(てんのう)寺。住所を見ると地名が天皇

香川県坂出市西庄町天皇 にあります。

 

f:id:PARM:20200330235253j:plain

このお寺の近くに菜の花畑があったので記念写真。

 

第80番札所 白牛山 千手院 国分寺

 

f:id:PARM:20200330235416j:plain

www.88shikokuhenro.jp

 

f:id:PARM:20200330235744j:plain

ここのお寺はミニ八十八ヶ所巡りが出来てしまいます。おっとく~
ここで息子とお別れ。息子は愛媛方面へ。四国一周の旅に発ちました。

 

第81番札所 綾松山 洞林院 白峯寺

 

f:id:PARM:20200330235940j:plain

www.88shikokuhenro.jp

 

この白峯寺(しろみねじ)は、標高の高いところにあります。

展望台が近くにありそこにも寄ってみました。

 

f:id:PARM:20200331000302j:plain

お椀をひっくり返したような山がポツンポツンとある感じが新鮮。四国の特徴?

f:id:PARM:20200331000535j:plain

瀬戸内海を望むことが出来ます。曇ってますが瀬戸大橋がかすかに伺える。

坂出の海を堪能。

f:id:PARM:20200331000639j:plain

 

f:id:PARM:20200331001053j:plain

ポツポツと咲き始めた桜。

 

第82番札所 青峰山 千手院 根香寺

 

f:id:PARM:20200331001218j:plain

www.88shikokuhenro.jp

 

f:id:PARM:20200331001530j:plain

なんかおる。

f:id:PARM:20200331001554j:plain

牛鬼の像っていうらしいです。

 

f:id:PARM:20200331001440j:plain

疲労もピーク。

さて、ここで急いで徳島港に向かえば16時半のフェリーに乗れる。それを逃すと18時55分の便になってしまう。

僕は前日遅番で翌日は早番というなかなかきついシフトでの今回のバイク旅。後ろ髪を引かれる思いで徳島港に急ぎました。

ていうか、便が少ない。しゃーないけど。

 

 

f:id:PARM:20200331001638j:plain

津田の松原SA 上り線からの景色。

奥にかすかに見えるのは、うどん県そうめん島と呼ばれる小豆島。

 

今回訪れたのは4ヶ所。

朱印はもらわなかった。八十八ヶ所も揃える自身がないので。善通寺とか行きたいと思っているところに行った際はもらおうと思っている。

とりあえず八十八ヶ所巡りの記録はアプリですます予定。ホント便利ですね。

f:id:PARM:20200331003601j:plain

 

いつか泊まりでゆっくりとサマータイムマシンブルースの聖地巡りに行きたい。

 

淡路島の南部あたりを探索

 

大阪から明石海峡大橋を渡り淡路島に上陸。

f:id:PARM:20200323223209j:plain

道の駅あわじで休憩。

何度も来てるんですけど、そのたびにやっぱりこれは写真に収めてしまいます。

ちょうど真下から▼

f:id:PARM:20200323223649j:plain

結構な迫力でした。虫のおなか側みたい。

 

f:id:PARM:20200323223842j:plain

淡路市いづも庵さんで昼食。

"讃岐うどんのコシ、大阪うどんのモチ感をあわせもった淡路島うどん" 

その通りの食感。コシもありモチッと感もある美味しいうどんでした。牛すじぶっかけ。

 

洲本市の新五色浜

 

f:id:PARM:20200323224351j:plain

淡路島西側の海岸線の細道を走っていると、このような看板が目に入りました。

砂利の採集禁止?そんなにすごい砂利が?気になったので、このあたりを少し散策。

 

f:id:PARM:20200323224626j:plain

新五色浜と書かれています。よく見ると台座は亀の形。

 

f:id:PARM:20200323225000j:plain

砂浜ではなく砂利浜。

 

f:id:PARM:20200323225052j:plain

たしかに色とりどりの玉砂利。持って帰るつもりはなかったんですが、採集禁止とか言われると逆に持って帰りたくなる。持って帰りませんでしたけど。

 

f:id:PARM:20200323225248j:plain

海面に反射する風景。風が弱かったためきれいな写真が撮れたと満足。

 

f:id:PARM:20200323230351j:plain

釣り場としてもなかなかのスポット。梅雨明け~晩秋の時期はめっちゃ釣れそう。

 

f:id:PARM:20200323225426j:plain

引き続き淡路島の西海岸線を走ります。

淡路島は午前中は東海岸線、午後からは夕日がきれいな西海岸線を走るのがおすすめ。

 

晩メシ

 

洲本温泉で一泊。

f:id:PARM:20200323225728j:plain

f:id:PARM:20200323225805j:plain

伊勢海老って美味しかったんやね。はじめて食べました。刺し身はタイ、カンパチ、アワビ、サザエ、イセエビ。

淡路牛のサイコロステーキ、鯛のあら炊きやら、鯛めしなんかも出てきてお腹いっぱい。

翌朝の朝食バイキングでは、イカとマグロの刺し身が並んでいるほど負けず劣らずの豪華さで朝から腹十二分目。昼過ぎまでは何も食べる気がしなかった。

 

f:id:PARM:20200323230602j:plain

客室からの眺め。オーシャンビュー。

部屋のエアコンを切ると、波の音が聞こえてきます。寝るときはエアコンを切っていたんですが、うるさいぐらいの潮騒

 

探索の旅、二日目開始。

 

厳島神社

 

厳島(いつくしま)神社

広島県ではなく、淡路島に厳島神社があることを知り、気になって行ってみました。

泊まったホテルのすぐ近所でした。

 

f:id:PARM:20200323231352j:plain

車を停める場所がよくわからず、写真を撮ってそそくさと次の目的地へ。

 

洲本市の由良要塞跡(砲台跡)

 

f:id:PARM:20200323232158j:plain

淡路島南東にある由良要塞跡にやってきました。

 

由良要塞(ゆらようさい)は、大日本帝国陸軍の要塞の一つ。大阪湾防衛の目的で紀伊半島と淡路島の間の紀淡海峡周辺に作られた

由良要塞 - Wikipedia

 

紀淡(きたん)海峡。(紀州の紀と淡路の淡で、紀淡)

狭い紀淡海峡なので、淡路島、友ヶ島、和歌山加太で敵の侵入を防いでたわけですな。

 

f:id:PARM:20200323233031j:plain

友ヶ島の要塞跡もいつか行ってみたい。

▼こちらは以前加太の要塞跡(砲台跡)に行ったときの投稿

parm.hatenablog.com

 

f:id:PARM:20200323233524j:plain

f:id:PARM:20200323233539j:plain

 

f:id:PARM:20200323233549j:plain

f:id:PARM:20200323233609j:plain

加太の砲台跡とちがって、立入禁止になっています。

 

f:id:PARM:20200323233843j:plain

 

ここからの展望も抜群。

f:id:PARM:20200323233808j:plain

f:id:PARM:20200323233918j:plain

手前に見える島々が友ヶ島。一番奥に見えるのが和歌山市加太のあたり。

 

f:id:PARM:20200323234107j:plain

この景色もなかなか。

島と島がつながってる!?

つまりこれで一つの島?

 

さて、お次は、UFO神社。

 

洲本市由良のUFO神社

 

前日の晩に由良要塞の場所をグーグルマップで確認していると、その近くにおもしろいものを見つけました。

 

f:id:PARM:20200324235952j:plain

えっ、なんじゃこれ!?UFO神社?ナゾのパラダイス?

由良要塞跡の近所。時間もないし正直行くか迷いましたが、勢いで行ってみることに。

前日にツイッターで投稿してみたらdokuhuntさんから情報がもらえました。ご存知だったようです。さっすが大冒険家!

 

f:id:PARM:20200323234327j:plain

怪しい看板が。

"日本で唯一箇所しかない珍しい神社"

水仙(スイセン)で有名なところらしい。

 

f:id:PARM:20200323235905j:plain

入口ゲートで料金を払い(そっか金取られるんやw安かったけどネ!)、手書きの地図をゲット。これはワクワクしてくる。

 

f:id:PARM:20200324000325j:plain

謎のオブジェ。怖いってwww


で、いよいよ、本命のUFO神社ですよ。

 

f:id:PARM:20200324000611j:plain

うん。そう。これ。こういうの。

手作り感満載。

白くて丸いのがUFO?

f:id:PARM:20200324000552j:plain

ユリオプスデージーって何??

UFOを呼ぶ宇宙語的な何か?と思って調べてみたら、黄色い花が咲いてますが、その花の名前でした。よかった。ここの人が考え出した宇宙語みたいなんやったら怖かった。

 

www.shuminoengei.jp


他にも水仙郷って言うだけあって、あちこちに水仙が咲いていました。
ナゾのパラダイスという施設は、秘宝館となっていて、別料金。時間がないのでパスしました。

 

鳴門海峡

 

淡路島の南端、鳴門海峡に行き大阪に引き返すという帰宅ルート。

洲本の方に戻り、鳴門海峡方面に進みます。

途中立ち寄ったのが朱色の大鳥居で有名な、おのころ島神社

 

f:id:PARM:20200325000407j:plain

ここの朱印は500円でした。だいたい300円の寺社が多いなか500円。鳥居を造るのにお金がかかったんやろね~(しらんけど)

 

f:id:PARM:20200325001350j:plain

次は、道の駅「福良」

海のすぐ側にある道の駅。ここからうずしおクルーズ船に乗船できるようで、船が停泊していました。

 

f:id:PARM:20200325001734j:plain

いつかは乗ってみたい。

うず潮のそばまで行くわけですよね?よく考えたらめっちゃ危険な気がする。

 

f:id:PARM:20200325002026j:plain

こちらは、道の駅「うずしお」

鳴門海峡大橋の向こう、対岸は徳島県です。
ここで、淡路島バーガーを食べようと考えていたんですが、なんとこの日は定休日。仕方がないので、少し離れたところにあるうずの丘 大鳴門橋記念館へ。

 

道の駅「うずしお」が閉まっていたため、うずの丘大鳴門橋記念館は大混雑。淡路島バーガーを販売している店舗は大行列でした。

eki.uzunokuni.com

f:id:PARM:20200325002859j:plain
あわじ島牛バーガー(660円)をチョイス。
"甘辛く炊き上げた淡路牛をたっぷりサンド"

想像通りの味でした。

 

二日目に予定を詰め込みすぎ、結構慌ただしく時間も過ぎ、帰路につきました。

f:id:PARM:20200325003555j:plain

こちらは明石海峡

阪神高速3号神戸線の渋滞にはまりながらなんとか無事帰宅。

それにしても、大阪南部から淡路島へのアクセスの悪さはなんとかならんもんか。直線距離だとすぐそこなのに、湾岸沿いをぐるっと回らなあかんのは疲れます。

泉佐野から淡路島行きのフェリー復活しないかなあ。

 

安く簡単にモトブログを始めたい!スマホがあれば十分!?

 

さてみなさん、モトブログってご存知でしょうか。

ちょっと興味がありやってみたいけど、お金がかかりそう、めんどくさそうってことで、二の足を踏んでいる方向けに、結構簡単にできますよっていう、僕の体験談をお伝えします。

 

 モトブログとは、

『Motorcycle + Video + Weblog』の略だそうです。

バイクで走行中の動画を収めたモトブログとは? -モトブログ特集Vol.1- | BikeJIN WEBより

 

僕もYouTubeにアップしたりしてモトブログもどきのようなことをしています。

他人に向けてというよりも自分で見て喜んでいるだけというのがメインとなっています(このブログ自体もだいたいそう)。アップしても多くの人に興味を持ってもらうためには、編集を工夫したり、おもしろいことをしゃべりながら動画を撮ったりする必要があり、バイクに乗ること以外での努力をしないといけません。まあ、それも楽しかったりするんですけど。

 

とりあえず、モトブログを始めるのに最低限必要なものは、バイクとか時間とかそういうのは省いて、

①動画を撮るためのカメラ

②カメラを固定するもの

です。

もう、これだけあればなんとか完成です。 

 

あったほうが良いものは、

③パソコン

④編集ソフト(無料のもあります)

といったところでしょうか。

 

①のカメラについてメインに話をしていきたいのですが、①~④をざっと説明すると、

①カメラ

アクションカメラがあればいいですが、買わないといけない。だれもタダではくれないので、持っていない人はとりあえずスマホを使ってみる。←今回のテーマ。

 

②カメラを固定するもの

これがないと撮影できません。とりあえずスマホで始めてみようと思う方は、バイクに取り付けるスマホホルダーで十分な場合も多いです。

いや、いっそ胸ポケットにスマホのレンズが出るようにして撮影しながら走ってみるのもあり?僕の場合はスマホホルダーがあるのでやってませんが。

 

③パソコン

ネット接続出来る環境であれば、パソコンで楽に編集してYouTubeにアップしたり短い動画ならSNSにアップしたりできます。

パソコンがなくてスマホオンリーという方で、画面でチマチマ編集するのがめんどくさい人は動画を必要な部分だけ切り取ってアップすればいいと思います。

 

④編集ソフト

無料でダウンロードして使えますので使わない手はないですね。

僕は「shotcut」という無料の編集ソフトを使わせていただいています。使いこなせてませんけどね。画像と組み合わせたり、文字を入れたり、音楽を入れたりするだけで一気にモトブログ感が出ます。スマホのアプリでもそういうのがあるかも知れませんが、僕には必要ないのでそれは存じ上げておりません。

 

以上、あくまでも僕の体験談なので他にも便利な方法があるかも知れませんね。

 

結局のところ、走行動画を撮って、YouTubeSNSにアップする。

この2つのことができれば、モトブログの完成ってことです。

僕の場合、自己満足なだけなので、モトブログっていうのがおこがましく、なるべく「走行動画」っていう扱いにしてます。はじめにモトブログもどきって言ったのはそういう理由です。

 

それでは、スマホでモトブログ(もどき)を実践してみた模様についてご紹介します。

 

僕がアップしたYouTube動画のスクショを用いて紹介します。

幸い僕のところはパソコンがあり、ネットにも接続しているためパソコンで編集した動画です。

 

f:id:PARM:20200122005842j:plain

▲タイトル画面

iPhoneをハンドルバーに設置。バイクに設置するとブレやすいですが簡単さを優先。

 

f:id:PARM:20200122010328j:plain

▲三脚とかについていたスマホを固定するやつでマウント。これだけだとスマホが振動で落ちる可能性があるのでスマホカバーに取り付けたストラップなどをカラビナに通してます。

 

f:id:PARM:20200122010819j:plain

▲設置する際のポイントとは!?

 

f:id:PARM:20200122010908j:plain

▲一度、スマホの外向きのメインカメラで撮影しながら走ってみてください。

僕の場合、めっちゃ映像がぐにゃぐにゃしていたため、インカメラで試してみたらぐにゃぐにゃがかなり減っていたため、インカメラで撮影しました。

さて、こんなにかんたんに走行動画撮影ができました。アクションカメラがなくても十分!?

 

f:id:PARM:20200122011132j:plain

▲家に眠っている古いスマホで撮るのもありですね!僕もiPhone8と以前使用していたスマホを使っています。iPhoneのほうが新しいので映像もきれいです。

インカメラで撮っているので、スマホの画面側を正面に向けて走っています。虫の死骸がついたり小石が飛んできて画面が割れたら大変なので、インカメラのレンズに影響がない範囲で保護をする必要ありかと思います。

 

f:id:PARM:20200122011634j:plain

ドラレコ代わりにもなる!トラブルの際、自分の身を守ることにもつながります。

f:id:PARM:20200122012034j:plain

▲よく見ると、スピードメーターにピントが合っているのが気になります。

スマホの向きを調整すればなんとかなるかも知れません。

 

 

ここからは、別の日に撮った関連参考画像です。 

 

f:id:PARM:20200122013650j:plain

▲こちらは、iPhoneではなく、以前使っていた古いスマホで撮った映像のスクショ。 画質が荒いです。

 

f:id:PARM:20200122013954j:plain

▲こちらも同様に以前使っていたスマホでの撮影。あまり鮮明ではない。路面状況やスピードによるところも大きいと思いますが。ほんと数年でスマホカメラの性能がここまで進化してるってことですね。

 

f:id:PARM:20200122014157j:plain

▲▼こちらも、古いスマホ。スピードが出ていないせいか、それなりに鮮明。

後方を撮影しています。あおり運転対策にもなる!?

f:id:PARM:20200122014423j:plain

▲後方を撮るのも結構好きです。前向きはアクションカメラ、後方はスマホといった二刀流で撮影することもあります。

 

 

僕がアップしたYouTube動画もいくつか紹介しておきます。

高いアクションカメラがなくてもスマホでここまで出来るという参考になると思います。編集具合は、自己満足動画なのでご了承ください。

 

www.youtube.com

iPhoneで撮影。今回の記事のメインになっている動画

カメラは正面向き

 

▼次に、安いアクションカメラでの撮影動画をひとつ

カメラは胸マウント

www.youtube.com

 

www.youtube.com

▲古いスマホで撮影した動画

カメラは正面向き

 

www.youtube.com

▲古いスマホで撮影した動画

カメラ後方向き

 

www.youtube.com

▲古いスマホで撮影した動画

カメラ後方向き

 

www.youtube.com

スマホでバイク斜め後ろを撮影するテスト

古いスマホで撮影した動画

カメラ後方向き

僕が初めてスマホで撮った走行映像

 

参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

 

映えたくて…プチツーリング

 

息子のバイクが納車されるのに付き合い、そのまま、

和歌山県紀北で、映えスポット巡りをしてきました。

 

バイク納車~和歌山ラーメン

 

息子を後ろに乗せ、和歌山のバイク屋さんに到着。

f:id:PARM:20200119004547j:plain

僕の相棒、YAMAHA TW200E。

やっすい中古バイクでしたがホント買ってよかった。もうすっかり体の一部。

 

f:id:PARM:20200119005045j:plain

で、こちらが息子の納車されたばかりのバイク。SUZUKI  Vストローム250の中古車。

僕のバイクを3台買ってもお釣りがくる値段。茶魔語で言うところの、裏山鹿。

 

この時点で12時。和歌山ラーメンを食べに行くことにする。

 

f:id:PARM:20200119005730j:plain

下調べしておいた豚骨醤油系の丸田屋さんに到着。

 

f:id:PARM:20200119005753j:plain

 

f:id:PARM:20200119005953j:plain

チャーシュー多めの、特製中華そばを注文。

 

f:id:PARM:20200119010105j:plain

こってりしてそうでそこまでこってりしてない。コクのあるスープも飲み干せる。麺が細めなのがいい。

 

f:id:PARM:20200119010408j:plain

カウンターに置いてあるサバのはや寿司と生玉子。ご自由にお取りくださいではありません。はや寿司は気になったけど、今回はパス。

 

腹ごしらえを済ませたところで、映えスポットを探しにGO!

 

和歌の浦 片男波

 

f:id:PARM:20200119010944j:plain

片男波海水浴場のどん突き。海を挟んで見えるのはマリーナシティ/ポルトヨーロッパ

画像ではわかりにくいですが、肉眼では観覧車が見えており景色最高!

 

f:id:PARM:20200119011322j:plain

ローアングルからの一枚。映えの道は険しい。

 

和歌の浦展望台

 

f:id:PARM:20200119011756j:plain

和歌の浦展望台からの景色。

先ほど訪れた片男波海岸が見渡せます。

 

f:id:PARM:20200119012137j:plain

展望台から右手には田ノ浦のビーチ。ここはビーチとしてはこじんまりとしていますが、海水浴や本格的な釣りもできる夏のレジャースポット。

 

次は、この展望台を出て、西側に移動していきます。

 

f:id:PARM:20200119014529j:plain

結構細いクネクネ道を通っていきます。

f:id:PARM:20200119014547j:plain

 

すると、左側に高台から望む僕のお気に入りスポットがあります。

f:id:PARM:20200119012610j:plain

建造物が自然にマッチしている感じがとてもいいと思います。

 

雑賀崎(さいがさき)漁港

 

f:id:PARM:20200119013321j:plain

山の斜面に家が並ぶ様子がいい。

「イタリアのアマルフィ海岸のようだ」と言われているらしい。

この画像は、アングルがよくなかったのかも知れない。このあたりは僕のツーリングコースでもあるので、またじっくり来たい。

 

yakei.jp

 

rtrp.jp

 

最後に、南大阪のマーブルビーチ

 

f:id:PARM:20200119014907j:plain

関空に架かる橋をバックに。

ここマーブルビーチはライダーの憩いの場となっています。夕日がきれいなスポットなので、夕刻となるとあちこちからライダーが集結してきます。また、海外からの観光客向けのホテルが多数あり、とてもにぎやかな場所です。

 

 

映えスポット巡りの旅はまだまだ続く。

 

iPhoneの360°フルカバーケースというものを買ってみた

 

2020年、今年初の買い物はこれでした。

 

f:id:PARM:20200107213803j:plain

 

360°のスマホカバー。

元旦にヤフーショッピングでポチリ。

クレジットカード決済が嫌いな僕は、ヤフーショッピングでPayPay払で購入しました。

金額は送料込みで約2000円。520円のレターパックで本日届きました。

 

f:id:PARM:20200107213823j:plain

箱の裏面。

 

f:id:PARM:20200107215859j:plain

箱から取り出したところ。

商品の詳細はこちら↓

store.shopping.yahoo.co.jp

 

iPhoneの美しさを失わない360°完全保護の360°フルカバーケース
画期的な強力マグネットでカチャ!とワンタッチ装着で取り外しも楽ちん。
フロント側も9Hガラスで液晶保護フィルム要らずです。ガラス上からでも操作は
スムーズです。コネクター部が太い充電ケーブルも使用可能、もちろんワイヤレス
充電もケースを付けたままで問題ございません。

 

f:id:PARM:20200107213908j:plain

iPhoneの画面に保護フィルムを貼っていたんですが、それをはがして装着。

 

f:id:PARM:20200107213927j:plain

装着した感じ。まだケースがさら(新品)状態なのでくっきりきれいに見えます。

 

使ってみての感想

良い面

画面の保護フィルムを外してスマホを見るのは気持ちいい。まあ、前面のガラス越しに見ることになるわけですけど。

透明ガラスなので裏面も光沢があり、商品の説明文にもあるように、iPhoneの美しさを失わない。

装着が本当にラク

キズにはそれなりに強そう。強度9Hというのは、9Hの鉛筆以上の硬さでないと傷つけられないということらしい。また、通常の液晶保護フィルムでは3H~4H相当のものが多いとのこと。

なんか、人に自慢したくなる。

不満点

強度が不安。落とすとすぐに壊れそう。

すべりやすい。特に枠がスルスルしていてグリップ感が無い。

360°フルカバーといっても、ホームボタンやカメラのレンズのところは空いているため防水性は無い。

手の脂がつきやすく気になる。

 

あくまでも、このメーカーのこの商品についての話です。

他のメーカーの高い商品とかは知りません。

 

落として壊れるの覚悟で使っていきたいと思います。

 

紀州加太へバイク旅。黄昏おじ日記

 

年が明けて一発目の投稿となります。

明けましておめでとうございます。2020年もよろしくおねがいします!

 

一発目の投稿は日記。今日の出来事っちゅうやつ。

仕事やプライベートでのモヤモヤをふっ飛ばすべく、バイクツーリングにでかけてきました。

今日は朝から上の子のリハビリに付き添い、昼から和歌山の根来寺へ初詣。

夕方から少し時間ができたので、夕日を見に黄昏のぼっちツーリング。

 

和歌山市加太(かだ)にある「見晴らしの丘」に行くことにしました。

和歌山バイパスで岬町へ。

いつもの海岸沿いの道を通るルートで加太へ。

 

気温は11度。今季初イージスを羽織ってます。風が気持ちいい!

f:id:PARM:20200105011823j:plain

スマホでの撮影。ハンドルバーに固定。

 

f:id:PARM:20200105011014j:plain

おれのバイク、かっけーんすよ。

 

f:id:PARM:20200105011227j:plain

加太にある淡嶋神社の脇から山を登っていくと目的地「見晴らしの丘」。

しかし、無断立入禁止になっている!夕日の時間に合わせてここまで来たのに…これはこまった!

 

 ↓こんな感じの景色が見られるはずだった…

f:id:PARM:20200105012234j:plain

 

f:id:PARM:20200105012508j:plain

すぐさま、同じく加太の砲台跡がある山へ移動。

 

f:id:PARM:20200105012620j:plain

 

f:id:PARM:20200105012638j:plain

 

f:id:PARM:20200105012648j:plain

ブレブレな画像ですが、スピード感があっていい!?コーナーを攻めてる感じもあるし。スピードメーターをよく見ると、30km/hなのは内緒だよ。

 

f:id:PARM:20200105012905j:plain

砲台跡に到着。いつ来ても不気味。

 

f:id:PARM:20200105012950j:plain

降りてみましたけど、ジメジメしてます。

 

f:id:PARM:20200105013053j:plain

そして、展望台に到着。

きれいな夕日。間に合った!!

 

 

カーブの出口、スロットルを開ける。

エンジン音と排気ガスの排出音がそれに応えてくれる。

重力が激しく身体に伝わる。

バイクと一体になり振り落とされそうになるその重力に抗う。

風と風景が自分の身体を摩擦していく。

 

余計なことを考えている隙きはない。

全集中。風の呼吸!といったところか。

最適なラインで先を目指す。ただそれだけ。

モヤモヤなんてどこ吹く風。

一つモヤが晴れて❝モヤモヤ❞だったものが❝モヤ❞ぐらいにはなったかな。

 

黄昏おじ日記でした。

 

相手がミスした時、「叱る」のではなく、「励ます」のが良いのではないだろうか

 

さてみなさん、

人をうまく叱れない、注意できないと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

ツイッターのタイムラインに流れてきた以下のこんなツイートに目を引かれました。

 

部下を人前で叱るという記事が話題ですが、天下を取り江戸の太平を開いた徳川家康は人を叱る時
・人前ではなく自分の所に呼び、傍にその者と親しい者も置く
・柔らかい言葉で以前の功績をとにかく褒める
・その上でこのミスはお主に似合わないと諭す

https://twitter.com/1059kanri/status/1210438912822267906

徳川家康の、「叱り方」 - 戦国ちょっといい話・悪い話まとめ

 

徳川家康が本当にそうだったのかは置いといて、ミスをした相手のモチベーションを下げない叱り方について参考になります。

 

あらためてポイントを記載すると、

 

・人前ではなく自分の所に呼び、傍にその者と親しい者も置く

 

大勢が見ている前で個人を叱るのは、ハラスメント行為にあたるのはもはや常識となりつつある。

また、そばにその者と親しい者も同席させることで相手に安心感も与えられる。親しい者を置いても問題ないのは、けなすことが目的ではないからだ。


・柔らかい言葉で以前の功績をとにかく褒める

 

普段から感謝していることをまずしっかり伝える。

ツーストライクワンボール話法ですね。

 

・その上でこのミスはお主に似合わないと諭す

 

こういう風に叱られたら叱られた気がしない。むしろ、励まされているような気がするのではないでしょうか。

叱るのではなく、ミスをした相手を励ますのです。

相手を叱ることが苦手という方でも、これだったらできるのではないでしょうか。しかも、叱るよりもきっと効果てきめん。

 

 

ミスをした本人が「しまった…」と、一番つらい思いをし、申し訳ない思いをしているはず。そんな部下のミスにつけ込みマウントを取りたがる上司、上下関係を思い知らせてやろうと考えている上司は世間にごまんといる。鬼上司でいるほうがラクですからね。

 

しかし、

自分がミスをした。絶対上司に叱られる…そして上司に呼び出された。

そんなときに、自分が励まされたらどうでしょう。

僕だったら、前向きになれます。誰だってそうだと思います。

 

 

以上、ツイッターのタイムラインに流れてきたツイートを見ての感想でした。

いかがでしたか。少しは心が軽くなりましたか?