とりあえずまあ、部屋からの撮影環境はととのった。

 

部屋を片付けていると、クローゼットの中からなつかしのレアアイテムなどが見つかることがある。学生の頃…というと、20年数年前ということになるが、当時好きだった音楽アーティストの20年以上前のフライヤーが出てきたり、雑誌の切り抜きが出てきたり、非売品のCDが出てきたり、演劇を見に行ったときにもらったフライヤーや、ラジオ(サイキック青年団)のイベントのフライヤーが出てきたり、といった具合に。

 

ほとんどが、見向きもされないような代物だったりするわけだが、ファンからしたら喉から手が出るほどのレアアイテムだったりもするけで。

 

歴史的価値、というほどのものではないけれど、見たい知りたいという方もいるだろうと思う。今の時代、せっかくこういうブログの場や、YOU TUBEなどがあるわけなのだから、ちょっとでも誰かの役に立つのだとしたら公開していきたいなと思った。

 

YOU TUBEに投稿するのが最適かなと思ったので、動画撮影をやって見ようと思ったが、思ったようにうまくいかない。いくつか問題点が発生したわけ。

 

問題① しゃべれない!

一人でカメラに向かってしゃべるのがホント無理。字幕や機械音声を使ってもいいけど、めんどくさいし、やっぱりしゃべりながら紹介したい。

だから、これは無理してでもやっていくつもり。そのうち慣れるはず……

 

問題② 音声を録るマイクがない!

iPhone8かアンドロイドスマホを三脚に設置して撮影をする予定だったけど、音声もしっかり録りたい場合、かなり大きな声でしゃべらないといけない。これは疲れそうだし、なによりカメラに向かってしゃべるのが苦手なのにそれを声を張ってなんて、かなりハードルが高い。動画編集の際、音量を上げることはできるが、ノイズも一緒に大きくなっては聞きづらくなる。

ならば、ブルートゥースのマイク付きイヤホンをiPhoneなりスマホに接続すれば録れるかも?と思ったけど無理のようだった。やはり専用のマイクを購入するなり有料のアプリを導入したりしないといけないらしい。なので、iPhoneスマホでの撮影はあきらめた。

 

幸い、アクションカメラを持っているのでそれを使ってみることに。

 

f:id:PARM:20200523212845j:plain

ちなみに、スマホを三脚にセットした様子がこの画像。

できればiPhoneスマホで撮りたかった理由が、画面を確認しながら簡単に撮影できる点。ピントが合わなかったりしてもすぐに調整できるので。

 

結局、アクションカメラで試し撮りしてみたら、当たり前だけど、うまくいった。

しかし、アクションカメラを使うのを渋っていた理由もあって、僕の持っているものだと、正面にモニターがないので画面を確認しながらの撮影ができない。カメラの向こう側に鏡をおいてみたらモニターの様子がわかるので、どのように撮れているか確認できるかも?カメラのモニター側にスマホを置き、スマホの画面でカメラのモニターを確認する手もあるな、と思いやってみたけど、なんか見づらい。

 

 

そのとき、ピンときました。←遅いッ

スマホの画面?そうか、アクションカメラのアプリを使えば、スマホの画面で今どのように撮れているか確認できるんだった……アプリは入れてたけど、ほとんど使ってなかったのですっかり忘れてた……

 

f:id:PARM:20200523213954j:plain

しかも、アクションカメラには(今まで一度も使ったことがなかった)ピンマイクも付属されていたので、これで、マイク問題も解決。

 

で、完成したお部屋からの撮影セットがこちら。

f:id:PARM:20200523214219j:plain

・アクションカメラ

・アプリを使用したモニター

・ピンマイク

 

ようやく撮影のための環境が、ととのったー

追加で購入したものは無し!

 

 

あとは、カメラの前でしゃべる勇気。

CMで、あさひ美容外科の先生が言うように、

 

「ほんの、わずかな、勇気を持ってください」

 

これだけ。

 

 

※2020/5/24追記

今度は、アプリを使ってアクションカメラで動画を収録すると、ピンマイクで録音された音声が小さいという問題が発生。アプリを使わずピンマイクで収録すると問題なし。試行錯誤中。

 

 

大阪市渡船の千歳渡船場(北恩加島~鶴町)お初な体験記

 

大阪市が運営している渡船を利用してきました。

大阪市のホームページを確認すると、現在大阪市内には、市の運営する8か所の渡船場があり、15隻の船が地域の多くの人々に利用されているとのことです。

そのうちの一箇所、下の図で③の千歳渡船を利用させてもらいました。

f:id:PARM:20200521220709j:plain

大阪市:大阪 渡船場マップ (…>川・橋>渡船場)

 

千歳橋に沿って渡船が運行されています。

f:id:PARM:20200521222558j:plain

大阪市大正区の、北恩加島(きたおかじま)と鶴町(つるまち)を結んでいます。

 

北恩加島▶鶴町

 

最初は、北恩加島から乗船しました。

f:id:PARM:20200521225523j:plain

 

車や単車は橋を渡り、歩行者や自転車の方はこの渡船を使うといった具合のようです。

この千歳橋を渡るにはかなり高い位置まで登らないといけないので、自転車や歩行者はなかなか橋を使うのは大変でしょうね。

 

f:id:PARM:20200521235210j:plain

桟橋。海の水が濁ってます。

 

f:id:PARM:20200521235201j:plain

待合所。時刻表があります。

 

f:id:PARM:20200522000006j:plain

乗船するにあたっての注意書きがあります。

無料なので、切符はありません。普段利用しない人間からすると、無料で船に乗れるのは不思議な感じです。

 

f:id:PARM:20200522000510j:plain

乗り込みます。一番乗り!

 

f:id:PARM:20200522000554j:plain

船の中はこんな感じ。自転車で乗り込む方が大半なので、広くスペースが確保されています。

 

f:id:PARM:20200522000723j:plain

海の水が汚い……

 

f:id:PARM:20200522000751j:plain

下から見る千歳橋。

 

f:id:PARM:20200522000853j:plain

あっという間に鶴町側に到着。

 

f:id:PARM:20200522001843j:plain

左手前の船着き場が鶴町側で、向こう岸の赤丸のところが北恩加島側の桟橋。

 

鶴町▶北恩加島

 

f:id:PARM:20200522002432j:plain

青い橋が千歳橋。これを徒歩や自転車で渡るのは絶対大変。

 

f:id:PARM:20200522002500j:plain

鶴町側の船着き場。

 

f:id:PARM:20200522002707j:plain

北恩加島に向かって出航。

 

f:id:PARM:20200522002848j:plain

住民の足、渡船。ほんと助かりますネ!

 

f:id:PARM:20200522003835j:plain

北恩加島側に到着。およそ2分半の船旅。

で・し・た・が、まさかの船酔い!?胃が気持ち悪くなりました……

 

 

動画も撮ったので置いておきます。

早回しで編集しています。画質が悪くてすみません。


大阪市渡船(千歳渡船場)鶴町▶北恩加島

 

以上、大阪市渡船お初な体験記でした。

大阪市が運営する渡船は、全部で8つあるようなので、機会があれば乗ってみたいと思います。

 

 

そして、急に話が変わりますが、

お昼は、オムライス発祥の店と言われている、心斎橋の『北極星』の本店でオムライスをいただきました。洋食屋さんですが、店構え及び店内は和風(座敷)でした。

 

f:id:PARM:20200521225916j:plain

f:id:PARM:20200521234956j:plain

チキンオムライスランチ。特にソースの美味しさが印象に残りました!

 

おしまい。

 

僕は、こんな風にモトブログを作っています

 

今回は、最近また自分自身楽しくなってきたYOU TUBEへの動画投稿について。

2019年初頭から、バイクでの走行動画をYOU TUBEに投稿しています。なるべく時間とお金を掛けずに動画を作成しているので、人に見てもらうためというよりも自己満足の世界です。

 

バイクに乗りながらしゃべるなんて技は今のところ持っていないので、基本的には映像と走行音だけの無言動画。悲鳴やわめき声はたまに入ってたりします。

 

いまの時点で、僕がどのようにモトブログを作成しているのか、そのあたりのことをまとめておきたいと思います。機材や装具など気になった方は、ご自分で調べてみてください。

けっこう独学でやっているので、参考にはならないかも知れませんが、よしなに。

 

 

撮影について

 

まずは動画を撮ります

 

撮影にはアクションカメラ、または、スマホがあればいいと思います。ビデオカメラやデジカメの動画モードでも撮ることは出来ます。カメラの設置場所にもよりますが、家にあった安物のデジカメとビデオカメラはブレがひどくてあきらめました。そして、いろいろ試した結果、アクションカメラとスマホに落ち着きました。

 

アクションカメラは、MUSON Pro3という機種を使用しています。7,000円弱と安かったので購入しました(べつにおすすめしているわけではありません)。本格的にやりたい人はGoProシリーズなど定評のあるものがいいと思います。

f:id:PARM:20190215221327j:plain

 

どこにカメラを設置するか問題

 

これは、悩みどころかと思います。

車体に付ける場合は、振動でブレが生じます。サブカメラを付けたい場合、車体に設置するのはありだと思いますが、メインカメラはブレが生じにくい身体に取り付けるのがいいと思います。

 

 

身体に取り付けると言っても、設置場所の候補はいくつかあります。

いちばんポピュラーなのはヘルメットの顎マウントでしょうか。

 f:id:PARM:20190215223552j:plain

アクションカメラ購入時に付属されていたマウントセットで作成しました。

 

f:id:PARM:20190215223201j:plain

カメラを取り付けるとこうなります。

顎マウントのメリットは、自分の見ている方向を撮れること。たとえば、横の景色を撮りたいとき横を向けば撮れます。当たり前ですが、これが意外と重要です。胸の位置に固定とかだと常に体が向いている方向しか撮れませんので。

デメリットは、ヘルメットが重くなるので首への負担があったり、ヘルメットが下にずれたりします。実際撮ってみてもう一つ感じたデメリットは、首の動きに動画が連動するためキョロキョロすると動画を見ていて酔いやすい。僕は心配性なので、道路の合流のときなどしつこいぐらいに左右を確認するのですが、動画で見るとくどくなってしまいます。

その他、ヘルメットマウントはヘルメットの上部に付ける方もいます。風で飛んでいきそうなので僕は試したことがありません。あとは、ヘルメットのサイドに取り付ける方法もありますが、縦に長いタイプのカメラ向きの設置方法です。

 

2つ目のマウント設置候補は身体です。

 

f:id:PARM:20190807234107j:plain

わかりにくいかも知れませんが、胸に取り付けています。

メリットは、動画がブレにくい。カメラの操作がしやすい。給電しながらでも走行しやすい。バイクが映り込む位置なので動画として面白みが増す。といったところでしょうか。

デメリットは、装具が大仰なのでなんか恥ずかしい。そして、装具の脱着がめんどくさい。

 

もうひとつ注目しているのが、ワニグチクリップ式のマウントです。通販などで安く買えます。

ずいぶん前に便利かもと思って購入しておいたこちらのワニグチクリップ式のマウントも最近試してみました。

 

f:id:PARM:20200516021537j:plain

f:id:PARM:20200516021530j:plain

f:id:PARM:20200516021534j:plain

この、ワニグチクリップはめちゃくちゃホールド力があるので、一度ガチッと挟めばちょっとやそっとでは外れません。

 

f:id:PARM:20200516021320j:plain

f:id:PARM:20200517203206j:plain

この画像ではわかりにくいかも知れませんが、リュックサックの肩ベルトに挟んでいます。試してみての感想は、けっこう使えるやん!です。リュックの肩ベルトに装着しているので、高さは自在に変えられます。撮った動画を確認してみましたが、ブレ具合は、胸マウントに比べると多少あるかなといった感じ。胸マウントの装具のように大仰さも無い。ブレ具合がどうか、そこだけが問題です。注意点は、リュックが軽すぎるとカメラに振動が伝わりやすくなりそうなので、ブレも発生しやすいかと思います。

 

そして、サブカメラ設置用に車体に取り付けているマウントがこちらです。

 

f:id:PARM:20190623230542j:plain

三脚などを使用する際、スマホを挟むやつです。これは百均で買いました。 

 

f:id:PARM:20200517203721j:plain

ちなみに、これがあれば、アクションカメラがなくても、ヘルメットでも胸でもワニグチクリップでもスマホをマウント出来ます。

 

f:id:PARM:20190805225810j:plain

ハンドルの左側にスマホを挟んでいるのがわかりますでしょうか。

 

f:id:PARM:20190623231151j:plain
自分側を撮ることも出来ますし、前に向けて撮ることも出来ます。

家に眠っているスマホがあればそれを使用するのもアリですね。

一つ気付いたことがあって、インカメラで撮ったほうがブレが少ないです。

一番ストレスなく撮れるのが、車体に取り付ける方法だと思います。

 

以上が、撮影に関する僕のやり方です。

 

 

動画編集について

 

めんどくさいけど楽しいのが動画編集。

僕は、shotcutという無料で使える動画編集ソフトを使っています。本格的にやりたい方は有料のものを使うのがいいと思います。まあ、有料のは使ったことがないのでわかりませんが。

 

f:id:PARM:20200517204158j:plain

無料のソフトですが、機能が多すぎて使いこなせていません。

使い方もなんとなくでやってますが、なんとかなってます。最近になって、動画を早回ししたり音声の音量を変えられることを知ったぐらいです。

 

僕流の動画作成の手順としては、

①撮ってきた動画を読み込ませる

②音声を抜きたい場合は抜く

③全編で入れたい字幕を入れる

④動画の不要な部分をカットして切れ目を接合する

⑤動画の途中で挿入したい静止画があれば挟み込む

⑥動画のタイトルや字幕を入れていく

⑦動画に合わせて音声を入れる

⑧BGMを付ける場合は入れる

 

こんな流れで動画編集をしています。

難しそうですが、何度かやっていくうちに効率的なやり方がわかってきたりします。

機械音痴な僕ですが、やってみるとけっこう簡単です。


手順を変えて、BGMを先に設定し、その長さに合わせて動画を編集する場合もあります。

初めにも書きましたが、しゃべるのは苦手なので字幕に頼ってます。ですが、最近、自分がしゃべる代わりに機械音声を入れてみることに挑戦してみました。

字幕を入れるのには文字を打つわけですので、だったらそれを機械に読み上げてもらうのもいいかなと思いやってみました。二手間三手間ぐらい工程が増えましたが、今はまだ新鮮な作業なので楽しいです。けど、やっぱり自分の声で撮りたいのでそのうち挑戦してみます。
BGMは、YOU TUBEのオーディオライブラリーにある曲をメインに使用しています。

 

 

最後に、自己満足動画ですが、いくつかご紹介して終わりにしたいと思います。

 

▼いま時点の最新動画。リュックの肩ベルトに付けたワニグチクリップマウントでの試み。機械音声入り。原付なので早回ししています。

www.youtube.com

 

▼胸マウントでの撮影。後半では走行音も入れています。

www.youtube.com


 ▼スマホだけでの撮影。ハンドルバーマウント内向きに設置。

www.youtube.com

 

▼普段無口でバイクに乗っていますが、こういう場合は、思わず声が出てしまいます。胸マウントで撮影。

www.youtube.com

 

▼ヘルメット顎マウントで撮影。曲の長さに合わせて編集しました。

www.youtube.com


▼胸マウントで撮影。三脚を使った撮影もやりました。

www.youtube.com

 

 

少しづつですが、できることが増えてきているのが嬉しいです!

 

母の日におかんに贈ったら、思いのほか喜んでもらったプレゼント

f:id:PARM:20200509215522p:plain

母の日が近づくと、なんかせなあかんな~と思いながら結局なにもしないまま時が過ぎ去ってしまうこともありしますが、コロナ禍で仕事も減って大変ななか、一人心細く暮らしている母に今年は何か贈ろうと思っていました。

 

数日前、ふと、アマゾンエコー贈ったろ。と思いつきました。

 

f:id:PARM:20200509221517j:plain

僕自身Amazon Echo Show5(上の画像)というものを所有しています。

せっかくなので、同じやつをアマゾンで注文し、おかんの自宅に母の日のメッセージ付きで贈りました。

 

8日に届いてからは、いろいろとあーでもないこーでもないと楽しんでもらっているみたいです。

今日、どんな調子?って電話しいろいろと話しをしていたら、これってこのアマゾンエコーで通話できるんちゃうん?って言ってきておかんからアマゾンエコーに着信が。さっそくアマゾンエコー同士でビデオ通話をしました。おかん、なんか使いこなしてるやん!?なかなかの行動力。僕的にはべつにそこまでしたくなかったけど、実際ビデオ通話してみたら非日常感があり結構楽しかったです。まあ、LINEなんかでもできるんでしょうけど。

 

今後、コロナ禍でビデオ通話をする機会がプライベートや仕事で増えてくるかもしれないので、こういうのにも慣れておかないとなあ、なんて思いました。

 

とりあえず、母の日のプレゼント喜んでくれたみたいで、よかった。

 

 

最近撮ったスクショから話は新潟へ

 

今週のお題「カメラロールから1枚」

カメラロールから1枚ということで、最近保存した画像がこちら。 

 

f:id:PARM:20200506004355j:plain

スクリーンショットですけどね。

婦人倶楽部さんの「旅とフェリー」タイトル画像。

船体に『佐渡』と書かれています。

もう一枚撮ったスクショ画像がこちら。

 

f:id:PARM:20200506004406j:plain

建物の外壁には、佐渡汽船(株)

 

YouTubeを漁っていたらこの曲を見つけました。2017年リリースの曲。ご存じの方もおられるかも知れませんが僕は最近知りました。

なんか爽やかそう!佐渡汽船のテーマソング?ジャンボフェリーのテーマソングみたいなやつ?

と思って再生してみたら、これまた爽やか&めっちゃシティポップ。

めっちゃくせになる曲。ピチカート・ファイヴみたい!渋谷系好きにはたまらない曲調。

興奮してツイートもしました。 

 

興味津々で調べてみる。

 

新潟・佐渡ヶ島発のポップ・グループ

佐渡ヶ島に暮らす婦人たちによって2014年に結成。メンバーはイベント担当の婦人A、ボーカル担当の婦人B、パフォーマンス担当の婦人C、演奏担当の婦人Dの4名。ムッシュレモンこと佐藤望(カメラ=万年筆)がプロデューサーを務める。

「FUJIN CLUB」「東京カラー」「グルメ紀行」と作品を発表した後、2016年7月に1stアルバム『フジンカラー』をリリース。三越伊勢丹夏のクリアランスセールCMソングでも話題に。2017年にEP『旅とフェリー』を発表。

婦人倶楽部 - TOWER RECORDS ONLINEより

 

とりあえず、どんな曲か気になった方はどうぞ。爽やかポップス!


婦人倶楽部「旅とフェリー」 / FUJIN CLUB - Travel & Ferry

 

佐渡ヶ島で暮らす4人の主婦で結成されたグループ。なんかすごい!

新潟出身のグループといえば、Negiccoさんが有名ですね。あと、僕イチオシのRYUTistさん、そして、今回知った婦人倶楽部さん。ほかにもいらっしゃるんだろうと思いますが僕が知ってるのはそれぐらい。あ、あとso niceさん。

新潟に行ったことがない僕ですが、少しずつ知ってることが増えてきました。

プロデューサーの佐藤望さんはRYUTistさんに『夢見る花小路』という曲も提供されています。そちらもめっちゃいい動画に仕上がっています。

 


RYUTist - 夢見る花小路【Official Video】

新潟市古町(ふるまち)の魅力が詰まった動画。

僕が新潟に興味を抱くきっかけになったのが、この古町を拠点に活動するRYUTistさん

新潟市は柳の街として有名らしく、柳都(りゅうと)と呼ばれており、そんな柳都のアーティストというネーミング。

 

2019年に2泊3日の新潟旅行を企画していたのですが都合で行けず、今年こそは行こうと思っていたところにこのコロナでの外出自粛ムード。大阪から新潟への大移動は今は難しい。 ↓ こちらは、新潟旅行に行けなかったことを記した投稿。 

parm.hatenablog.com

 

今回はこのへんで。

またいずれ、空想紀行と銘打って、行ったつもりの投稿もしてみようと思う。

 

コロナ禍を経験したあとの、働き方の新しいスタイルについて

 

コロナ禍で多くの人が苦しみ、生命を落とし、本当につらい状況が続いていますが、そのような中で、

「新しい生活様式

についての報道をよく目にするようになった。

 

www.ryutsuu.biz

 

コロナ前とコロナ禍を経験した後の世界では、ウイルス感染に対する人々の意識は変わった。コロナの感染拡大が収まったとしても、また新たなウイルスが現れるかもしれない。ワクチンが開発されてもコロナが変様して、いたちごっこになるかも知れない。それが未知のウイルスの怖いところ。つまり、ウイルス感染に対する恐怖はこの先も続いていくことになる。

 

日常生活を営む上での基本的生活様式に関しては、いわゆる「密」状態をなくそうといった話は報道でもよく目にするが、働き方についてどう変わるだろうかということが気になった。

専門家会議からは、このように提示されている。

 

働き方の新しいスタイルでは、「テレワークやローテーション勤務」「時差通勤でゆったりと」「オフィスはひろびろと」「会議はオンライン」「名刺交換はオンライン」「対面での打ち合わせは換気とマスク」といったことを提示した。

 

今後、2週間をめどに業種ごとの感染拡大予防ガイドラインを、関係団体が別途、作成する予定だ。

専門家会議/「新しい生活様式」と「業種別ガイドラインの留意点」提示 | 流通ニュースより

 

今後は、新しい働き方をアップデートしようと行動を起こす企業と、コロナが落ち着いてきたら、これでやっと今までのやり方に戻せるわい、と、せっかくの働き方改革のチャンスにもかかわらずアップデートを怠る企業が出てくる。

 

ニュースを見て衝撃だったのが、登校が始まった地域の小学校での一コマ。

朝、教室で先生が児童に向かって「おはようございます」と挨拶をする。今までなら、児童も先生やみんなに向かって挨拶を返す。しかし、児童は会釈だけ。なるべく飛沫を飛ばさないようにしているらしい。こちらの小学校では新しい生活様式に合わせる取り組みが行われてるようだ。

企業はどうだろうか。これからも、狭い会議室にギュウギュウに集められた従業員が社訓や社是のようなものを大合唱させられる様子は見られるのだろうか。

 

業種ごとに働き方の新しいスタイルが作成されるようだが、その内容と実践に期待したい。

たとえば、いま、様々な企業で会議がなくなっていると思う。オンラインの会議や、会議自体がなくなっている企業。コロナ禍を経験し働き方が変わり、あれをやめ、これをやめてみたが、誰も困っていないし最初から必要なかったのではなかろうかという仕事が次々と可視化されてきている。

僕の勤め先でも現在、月1~2回あった会議そのものが無くなっている。しかし現場の人間たちは誰も困っていない。これが発見できたことは企業としてプラスのはずである。他にも無駄に大声での挨拶や、お客に擦り寄りノルマ品を売りつけるために接客をするといった、今はできないが、でもやらなくても問題ないものが判明しつつある。

しかし、コロナ禍が落ち着いたあとどうなるのか考えるのが怖い。コロナ前の習慣が今までできなかった分を取り戻せと言わんばかりにパワーアップしそうな予感。

そうでないことを祈る。

 

おかんが作ったファッションアイテムとしてのマスク

 

おかんからLINEで画像が送られてきた。

またマスク作ったよ、と。

 

f:id:PARM:20200419230830j:plain

第一印象は、おしゃれやん!て思った。耳にかける部分はゴムがなかったのでそこも毛糸で作ったらしい。長さはビーズで調節できるようになっています。アクセサリー的な要素もあり目を引きます。

 

f:id:PARM:20200419230851j:plain

両方とも紐が垂れているわけではなく、ちょうちょ結びもできます。

 

防御用だけではなく、防寒機能がプラスされたマスクとして毛糸のマスクも流行るかもしれませんね。目立つマスクに対する抵抗もなくなりつつありますし。

 

 

ほかにも、マスク不足になっておかんが作成していたものがこちら。

 

f:id:PARM:20200419233008j:plain

このころは耳にかける部分がゴム。

 

f:id:PARM:20200419233029j:plain

内側。

f:id:PARM:20200419233103j:plain

知人に配るようにせっせと作っていたらしい。

おかんいわく、マスクはファッションアイテム!