朱い夏

題名のないスケッチ帳

釣って、さばいて、料理して。鳥羽湾クルージング!

鳥羽湾クルージング・釣り・男の無骨料理

 

レジャー三昧の夏。

特に今年は三重で最後の夏。南勢でできることは、やり尽くしておきたいわけで。

今回も鳥羽の魅力をお伝えしたいと思います。

 

7月19日。本日の鳥羽は、快晴、最高気温32℃、大潮

風はあまりなく、紫外線の強さを除けば、絶好の釣り日和。

 

懇意にして頂いている同僚の人生の先輩である今回の釣行の相方さんに船を出して頂き、男二人、鳥羽湾クルージング&海釣りをしてきました。

 

午前9時半頃、7人乗り船舶に乗り込みいざ出航。鳥羽の大海へ、推して参るッ!

f:id:PARM:20160809222807j:plain

 

f:id:PARM:20160719215258j:plain

奥に見えるは「イルカ島」の日向浜。

観光マップ|イルカ島|志摩マリンレジャー

 

f:id:PARM:20160719221452j:plain

たしか、菅島(左)と、坂手島(右)だったかな……

 

f:id:PARM:20160719220251j:plain

 

f:id:PARM:20160719220659p:plain

牛島のくぼみになったところがポイント。ここでキス釣りを行います。

右の大きな島が答志島。

 

f:id:PARM:20160719220352j:plain

キスは砂地のところに生息しています。

なので浜のやや沖で竿を下ろします。

 

f:id:PARM:20160719221053j:plain

良型サイズのキスをゲット。

この後も数匹ゲット。500mlのペットボトルサイズはあります。

キスは底、砂地にいてますので、投釣り仕掛けで石ゴカイをエサにして釣ります。

アタリがあるとプルプルして気持ちいい!

 

f:id:PARM:20160719221820p:plain

少し移動。答志島側の浜沖合へ。↑ ↓

f:id:PARM:20160719221933j:plain

 

f:id:PARM:20160719222031j:plain

こういう景色を見ながら自然を感じ戯れる。至福の時。

 

f:id:PARM:20160719222119j:plain

ガッチョ(コチの小さいの)も釣れました。ガッチョの唐揚げはおいしいですよ^^

唐揚げは今回しないのでリリース。

 

f:id:PARM:20160719222600j:plain

クルージングがてら、ポイント移動。

(わかりにくいですが)岩が一直線に並んでいました。

 

f:id:PARM:20160719222823j:plain

ベラの猛襲にも合いました。ベラは全てリリース。

 

f:id:PARM:20160719222944p:plain

坂手島のそばで今度は、ガシラ狙い!

ガシラは根魚。ロックフィッシュと言われているだけあって、岩礁地帯に居着いています。別名カサゴとも言います。

 

f:id:PARM:20160719223203j:plain

f:id:PARM:20160719223232j:plain

大きさはわかりづらいですが、これも先ほどのキスと同様500mlのペットボトルサイズはあります。

陸からの釣りだとここまでのサイズはなかなか釣れません。これは楽しい!!

エサはカツオのハラミ。

キス釣りは海底を這わす横の釣り、ガシラは上下の動きでで誘いをする縦の釣りと言えます。

ここでも一人で4~5匹ゲット!相方さんも同じぐらいの釣果を上げておられます。

 

f:id:PARM:20160719224315j:plain

今度は筏地帯に場所を移し五目釣り。胴突き仕掛けで多様な魚種を狙います。

が、サバの活性が半端なく良すぎます。サバばっかりが掛かってほとんど釣りになりません。

相方さんはそのサバを利用してノマセ釣り。

ノマセ釣りとは、泳がせ釣りともいい、サバやイワシやアジなどのフィッシュイーターの餌になる生きた魚でヒラメやスズキなどの大物を狙う釣り方です。

そして、ヒラメを取り逃がしてしまう痛恨のミス発生。

しかし、胴突き仕掛けの方で、30㎝オーバーのニベをゲットしておられました。

ニベ | WEB魚図鑑 ←こういうのです。

魚の釣り方を教えて…〜胴突き仕掛け〜 ←胴突き仕掛け

 

f:id:PARM:20160719224312j:plain

 

15時前に納竿。

腕の日焼けがヤバい。日焼け止めを塗っていてもヒリヒリです。

 

f:id:PARM:20160719225537j:plain

こちらが、僕一人の今日の釣果です。4時間半ぐらいでの結果。

僕一人が食べられる分だけをよけて、あとは相方さんに持って帰ってもらいました。

 

 

無骨な男のクッキング!

ガシラと言えば煮付け。

頭を落とし、内臓を取り除き、ウロコも落として、万能出汁で煮るだけ。

出汁はヤマモリの「昆布、カツオ、しいたけ」のコレ!

しいたけが入っているだけで旨味が増しています。

名代つゆ|ヤマモリ株式会社|しょうゆ・つゆ・たれ・レトルト食品の総合食品メーカー

f:id:PARM:20160719230733j:plain 

 

ついでに、だしの一覧表。しいたけだけはグアニル酸というのが入っている。

しいたけの出汁が好きな人はきっとグアニル酸好きなんだと思う。

それにしても昆布のダシ力凄すぎ!

 

f:id:PARM:20160719231215j:plain

 

ガシラの煮付けが出来たところで、次はキス。

キスの天ぷらができればいいんでしょうが、男の一人暮らし。天ぷら用の調理道具など持っているはずもなく、塩焼きにします。しかもフライパンで。

これも頭を落とし、内臓を取り出し、ウロコを落とします。

魚焼きシートを買ってきました。すごい、フライパンやシートにもに魚がこびりつかないです。

 

f:id:PARM:20160719232701j:plain

 

出来上がったのがこちら。

f:id:PARM:20160719232532j:plain

ガシラは身がコリッコリで美味しかったです。出汁の濃さもちょうどいい塩梅でした。

キスも身が柔らかくほぐしながら美味しくいただきました。

 

 

 

そして、なんといっても今日のMVPはこれです。

アネロンさまさま、SUMMER!

www.ssp.co.jp

 

 

 

鳥羽の魅力

あちこちウロウロした結果。 

 

parm.hatenablog.com

 

 

parm.hatenablog.com

 

今回もお付き合いいただきありがとうございます!

 

 

読者さん募集中!

読者登録して頂ければ、お返しに登録させてもらっています。